1時限目 日頃あんまり話をしない厳格な父親に結婚報告をするときの極意

助手ちゃん

先生はどう思います?私のお父さんは私に甘々なんで、多分参考になんないと思うんですよね-

デラパン先生

あたしさぁ・・

正直、結婚報告相手の両親より自分の父親のほうがハードル高いわ。。

なにが嫌って、いろんな意味でめんどくさいのよねぇ~。

なんて言われるか想像できるし、どんな表情するかも分かるしねぇ。。。

助手ちゃん

あのデラパン先生でさえ、弱気になってしまうなんて・・・。

娘を持つ父親、恐るべしですね。

デラパン先生

とかいって落ちてんじゃないわよ!

分かるけど、言うしかないんだから頑張りなさいよ!

助手ちゃん

わぁ!びっくりした・・・。急に大声出さないでくださいよ!

デラパン先生

でもね、意外と思っている以上にあっさりしてるもんなのよ。

あっちもあっちで覚悟してんだから。

お母さんからチョイチョイ伝えてくれてたりするのよ。

助手ちゃん

私よりもずっと長い間お父さんと一緒にいたのは、お母さんですし、いいとこも悪いとこもよく見てますもんね-。

色々知らないところで協力してくれてるはずです!

デラパン先生

そうそう♪だから、腹くくんなさいな♪

じゃあ、今日も教えてあげる
『日頃あんまり話をしない厳格な父親に結婚報告をするときの極意』

デラパン先生

厳格なお父さんには直球勝負が一番!!!

助手ちゃん

面と向かってタイマンでってやつですね!

デラパン先生

ずいぶん乱暴な発想と言いまわしね。言葉はちゃんと選びなさいな。

そうじゃなくてね、自分がどれだけ真剣なのかっていうのが雰囲気に
滲み出るくらいの気構えでお話しなさいってことよ

助手ちゃん

具体的にどうすれば良いんですか?

デラパン先生

そうねぇ。それじゃあシチュエーションから考えてみましょうか。

自宅の居間やリビングで、
『話があるんだけど、今いい?』からスタート。

なかなか忙しいお父さんなら事前にいつ家にいるか確認したり、
アポをとっている方がスムーズね。

そしてきちんと座って向き合った空間をつくる。
正座またはダイニングテーブルであれば椅子は浅めに腰を掛け膝をつけて。

背筋をピンと伸ばす。表情は真剣そのものよ。

助手ちゃん

身内に居住まいを正すってなんだか気恥ずかしいですね。
なんだか進路の話をした時のことを思い出しちゃいました。

デラパン先生

「いつもの私とは違うのよ」ってところを見せていくんだから、
その恥ずかしさはぐっと堪えないとダメよ!

『なんだ話って?』
って言われるだろうから、
『あのね。』
『ああ。』
『以前からお付き合いしてい人がいるのね。』
『あーそうか。』
『そろそろ○年になるの。』
『あーそうか』
『この間、プロポーズしてもらったの。』
『・・・。』
『私は彼と結婚したいと思ってる。だから、今度彼に会って欲しい。』
『・・・。』

助手ちゃん

沈黙!!そしてこの後彼に関して結構細かく聞かれるんですね?!

世の中の娘さんたちにとっては最も不安になる瞬間でしょうね・・・。

デラパン先生

確かにそうね・・・。だけど、ここまで誠実に伝えたら絶対NOとは言わないわ。

助手ちゃん

どうしてですか?

デラパン先生

キーワードは『真剣さ・本気の度合い』よ。

なんのために居住まいを正すのか。さっきも言った通りそれは
あなたがどれだけ本気なのかを雰囲気で伝えるためよ。
ぜったい、恥ずかしがってちゃらちゃらした雰囲気で言っちゃダメ!

本気で真剣なのだと言うことが伝われば、必ず答えてくれるわよ。

助手ちゃん

でも私のお父さんは「娘は絶対嫁に出さん!」ってしょっちゅう言ってますよ?

デラパン先生

それは、ただ娘が可愛すぎて手放したくないっていう親心よ。他にもいろいろ
言われるかもしれないけど、全部愛情の裏返しなのよ。

受け止めてあげるのも親孝行よ。

助手ちゃん

愛情の裏返しか~。子供の駄々っ子みたいで可愛いですね♪

でも、頭ごなしに「まだ早い」とか「会うつもりはない」とか言われちゃったら
さすがの私も怒って「もういい!お父さんなんて知らない!」ってなっちゃいそうです。

デラパン先生

どうしても聞く耳をもってもらえない様子だって言うなら、
数週間おいてもう一度チャレンジしてみなさい。
「きっとその時はタイミングが悪かったんだ」って思うことね。

怒りたくなっちゃう気持ちもわかるけれど、そこをぐっと抑えるの。
でもだからって引き下がれって言ってるんじゃないわよ。

助手ちゃん

根気強く言い続けることが大事ってことですね!

デラパン先生

その通りよ。

『お父さんの言いたいことも分かるけれど、私は彼と結婚したいの。お願い分かって。』
てな感じでね。

助手ちゃん

絶対に折れないって意思がお父さんの心を動かすってことですね!

デラパン先生

あなたも分かってきたじゃない。でもね、それだけじゃないの。

こういう経験をするタイプはね、『いい女成熟度』が増すのよ!
これから始まる結婚生活には、相手のペースを尊重しないといけない事がたくさん
出て来る。

旦那が相手だろうが、子供が相手だろうがこの経験は絶対に生きてくるわ。

だから頑張りなさい。

助手ちゃん

今の言葉、目から鱗です!!

大人の女性の余裕ってやつですね!!

デラパン先生

そのキラキラした目を止めなさい!

なんか今日はちょっといい人っぽいじゃないのよ私!

もう早く寝なさいよ!じゃあね!!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です