ドライフラワーの作り方✿

プロポーズに彼からもらった花束!
枯れて捨ててしまうのは寂しいし、できれば記念に残しておきたいですよね〜><!
そんなプレ花嫁さんにおすすめしたいのが「ドライフラワー」です☆
代表的な2つの作り方をご紹介します。

ドライフラワーの作り方

まず初めに、ドライフラワーに向いてるお花と、あまり向かないお花を知っておきましょう!

向いてるお花→「バラ・ガーベラ・ラベンダー・カスミソウ・センニチコウ」など
あまり向かないお花→「ユリ・トルコキキョウ・チューリップ」など水分が多い、花びらが薄いお花は難しいかも!

ハンギング法

まずは、見たことある人も多いと思いますが「ハンギング法」というのがあります。
お花を逆さに吊るして乾燥させる方法です!

Chiharu Itogaさん(@chiharu_itg_garden)がシェアした投稿

まず、花瓶に生けていた場合は、お水に浸かっていた部分を切り落としましょう。
次に余分な葉を落とします。
大輪のお花は一輪ずつ、小さいお花は輪ゴムで束ねて、麻ひもなどを茎に結びつけましょう。
お花が重ならないようにすると、綺麗に作れます。
風通しがよくて、日が当たらない場所にお花を下向きにして吊るしましょう。

お花にもよりますが、だいたい1〜2週間ほど吊るしておけば、乾燥します。
乾燥している秋冬は乾きやすいです。

吊るすタイミング

お花を吊るすタイミングは、満開になる前がおすすめです!
満開のお花を楽しみたいところですが、綺麗なドライフラワーを作りたい場合は、満開になる前に吊るしましょう♪

シリカゲル法

お菓子などに入っていますよね、シリカゲル(乾燥剤)を使ったドライフラワーの作り方です。
まずはお花が入る大きさの密閉容器を用意しましょう。
容器にシリカゲルを3cmほど入れて、お花を入れたら上からシリカゲルをかけます。
お花を傷つけてしまわないよう、丁寧に!
しっかりとフタをして密閉し、1週間ほど待ったら完成です。

Chi-sunさん(@chizuxile)がシェアした投稿

仕上がりに違いがあるの?

代表的なハンギング法・シリカゲル法の2つをご紹介しましたが、どちらも簡単そうですね。
ただ、完成したお花に違いってあるのでしょうか?

【ハンギング法】→少しくすんだ色合いの仕上がりに
【シリカゲル法】→色鮮やかな色合いの仕上がりに

なるほど〜☆
お花の特徴に合ったor仕上がりイメージに合った方法を選びたいですね!

新居のインテリアや結婚式に使える♪

完成したドライフラワーは、束ねて壁に吊り下げたり、花瓶やカゴに飾って楽しむこともできます!
お二人の新居がおしゃれで癒やされる空間に♡

結婚式ではウェルカムスペースの装飾としても活躍してくれそうですね♪
ぜひぜひチャレンジしてみてください!

miyuki☺︎さん(@__m__yu__k__)がシェアした投稿


ウェルカムボードに♪


エスコートカードや席札に♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です