映画「ボヘミアン・ラプソディ」が大ヒット!結婚式で使いたいQUEENの名曲

2018年11月の公開から大ヒット中の映画「ボヘミアン・ラプソディ」。
イギリスの伝説的なバンドQUEENのボーカル、フレディ・マーキュリーの半生を描いた映画です。
何回も見に行った〜という方も多いのではないでしょうか!
昔からファンだった方、映画を観てファンになったという方、結婚式のBGMでQUEENの曲を流したいですよね!
映画を観たゲストの方がいたらさらに盛り上がるはずです!
そんな結婚式におすすめなQUEENの名曲をご紹介します♪

I Was Born To Love You


元々はフレディのソロアルバムに収録されていた一曲です。
映画では流れませんが、人気テレビドラマの主題歌やCMでも使われていたので、知っている方も多いですよね。
新郎新婦入場や乾杯などにピッタリです♪

Don’t Stop Me Now


明るい曲調で披露宴を盛り上げてくれます。
乾杯やお色直し入場など盛り上がるシーンで使いたいですね☆

Somebody To Love


歌詞は少し切ない内容ですが、メロディが心地よく、コーラスも結婚式に合うのではないでしょうか。
お色直し中のBGMなどにおすすめです♪

手をとりあって (Let Us Cling Together)


フレディが日本語で歌ってる!とびっくりしてしまう一曲。
QUEENと日本のファンとの固い絆を感じさせる名曲ですね。
優しいメロディは花嫁の手紙や両親への贈呈シーン、エンドロールにぴったり♪

We Are the Champions


誰もが歌える?!くらい世界的なヒット曲ですね。
QUEENのライブでもエンディングに演奏されることが多かった曲なので、
退場のBGMや花束贈呈シーンにいかがでしょうか。
思わず一緒に歌ってしまいそうです♪

お気に入りの一曲を!

誰でも一度は聞いたことがある名曲をご紹介しましたが、
これ以外にも素敵な曲がたくさんあります。
お気に入りの一曲を流したいですね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です