【結婚式までの1ヶ月間】ヘアメイクリハーサル

結婚式までの流れ ヘアメイクリハーサル

式場付きの美容室などでは、衣装が決まった後ヘアメイクリハーサルがセットになっているところもあります。
料金がセットになっていたり、前撮りとセットになっていたりと様々。
時間やコストがちょっと余分になるので迷ってる花嫁さんも多いかもしれませんね。

ヘアメイクリハーサルを行うメリット

ドレスとの相性がわかる

ドレスの写真などでイメージはわかっていても、自分の顔と髪型ではまた雰囲気が違ってきます。
またスタンダードなドレスの場合、ヘアメイクさんもドレスに合った色々な髪型をイメージ出来るのですが、ラインが特徴的なドレスはヘアメイクさんも引き出しが少なかったりします。
ぶっつけ本番のヘアメイクでは時間が無いので、ちょっと気になるところがあってもやり直しが効かなかったりしますが、リハを行なっていればその確率はだいぶ減ります。

アクセサリ・メイクなどがチェックできる

ヘアアクセサリやメイクを実際にしてみる事でヘアメイクとの相性を確認できます。
例えばちょっと攻めたデザインのカクテルなどを選んでいる時は、それなりにヘアアクセサリなども色々凝ったりしているはず。
流行りの生花ヘアメイクなどを考えている時などはしっかり打ち合わせをしたほうが良いですよね。

ヘアメイクリハーサルでの注意したいこと

こだわりやコンプレックスを伝える

ヘアメイクにこだわりがある人は、遠慮なく伝えましょう。
「アイラインは太めに引いて欲しい」「つけまつげは苦手」
「髪は編み込みをいれて欲しい」など…
髪の癖であったり気になる所はどんどん伝えたほうがいいです。

アレルギーや敏感肌も伝える

アレルギーを持っていたり、敏感肌の方は必ず伝えましょう。
お肌に優しい化粧品を使ってくれるなど、対応してくれるはずです。
アレルギーがあるのに、無理して合わないアクセサリーを付けてお肌が荒れてしまっては大変ですからね。

付添人を連れて行こう

友達や両親などにお願いして、付き添ってもらいましょう。
プロのヘアメイクさんだから・・・と意見が言いにくい場合も
代わりに客観的な意見を言ってくれるはずですよ。

しっかり写真に残す

必ずカメラは持参してください。
完成したヘアメイクをしっかりと写真に残しておきましょう。
写真写りを確認したり、数パターンヘアメイクをした場合には比較ができます。
静止画だけでなく、動画で撮っておいてもらう、というのも客観的に見れておすすめです。

まずはしっかり打ち合わせを!

ヘアメイクリハーサルをするにしろしないにしろ、まずは自分のしたいヘアスタイルを
雑誌の切り抜きであったり、携帯に画像を保存しておき、一回見てもらいましょう。
その上でリハをするのかしないのか決めても良いと思います。
また、会場によっては当日の担当者が変わったりする場合もあるので、ヘアメイクリハの際に当日も担当してもらえるのか、
当日無理ならばしっかり当日も同じ髪型にしてもらえるように念押ししておきましょう。
一生に一度の晴れ舞台ですから、しっかりと打合せしておきたいですね!