バレンタインデーと結婚

こんにちは
ついに年末を感じる月になってしまい、ワクワクとソワソワな心境になっているマビィでございます。
今月は、バレンタインデーと結婚についてのテーマでブログを書いてみようかと思います。
まず第一回目は、『バレンタインデーの歴史 ①』について
この時期にご結婚される皆さまは、きっと気になっていらっしゃる方も多いはずですね。
もう、お調べになられいる方もたくさんいらっしゃるでしょうけどね
では、一般的な説をご紹介しましょう
バレンタインデーの歴史は、ローマ帝国の時代にさかのぼります。
当時、ローマでは、2月14日は女神ユノの祝日でした。ユノはすべての神の女王であり、家庭と結婚の神でもありました。
翌2月15日は、豊年を祈願するお祭の始まる日で、当時若い男性たちと女性たちは生活が別だったそうです。
お祭りの前日、女性たちは紙に名前を書いた札を桶の中に入れることになっていて、翌日男性たちは桶から札を1枚ひきます。
ひいた男性と札の名の女性は、祭りの間パートナーとして一緒にいることと定められていました。そして多くのパートナーたちはそのまま恋に落ち、そして結婚したそうです。
ですが残念なことに、ローマ帝国皇帝クラウディウス2世は、愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がるという理由で、ローマでの兵士の婚姻を禁止したそうです。
それを見かねたキリスト教司祭だったウァレンティヌス(バレンタイン)は秘密に兵士を結婚させたが、捕らえられ、処刑されたとされました。
処刑の日は、ユノの祭日であり、ルペルカリア祭の前日である2月14日があえて選ばれました。このためキリスト教徒にとっても、この日は祭日となり、恋人たちの日となったというのが一般的な説だそうです。 
                                                  引用: フリー百科事典:ウィキペディア(Wikipedia)
いや~。素敵だけどちょっと悲しいお話ですよね~
ですが、このお話のおかげで近年世界的に愛する2人の為の聖なる日という常識が広まってきたんですよね。
歴史上の人物さんたちは、ありがたいですね。バレンタインさんの為にもこの時期に結婚される方々は、いっぱい幸せになってもらいたいものです。
第二回は『バレンタインの素敵なプチギフト』についてです。
それではまた
ペーパーアイテム ラピスラズリ バレンタイン特集!  チョコやハートの招待状・席札・席次表 盛りだくさん!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です